FC2ブログ

プロフィール

gochだるま

Author:gochだるま
お出かけ大好き!パン&スイーツは作るのも食べるのも大好き!
エアロビクス&テニス&ヨガ 身体を動かすも大好き~な多趣味な大阪のおばちゃん(^_-)-☆


カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事


最近のトラックバック


最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


甲賀 忍術屋敷

滋賀県 甲賀市
甲賀流 忍術屋敷
忍者3
江戸時代(元禄年間)に建立の
        「甲賀望月氏本家」の住居ですが

忍者自身のからくりのある住居として
  日本で唯一現存する歴史的に非常に貴重な忍術屋敷


まずはビデオ映写で忍者の歴史など概要を学習
IMG_9069.jpg
その後は要所要所で係りの方の丁寧な説明もあり
    実際にからくりを体験できました
        (なんせ私達2人だったので)

「どんでん返し」体験中の本物”くノ一” どこでしょう?
忍者1

からくりも面白い! ってか凄いわ
忍者2
中二階の隠し部屋 見張り窓 どんでん返し 落とし穴
かくし梯子 地下抜け道 縄梯子など

人間心理をうまくついたからくりが面白い


いろいろな薬草にも詳しかったんですね
忍者5

IMG_9089.jpg
薬草を使った薬作りの道具

甲賀忍術の奥義を記した甲賀流伝書、手裏剣など
    さまざまな武器道具類も展示されていました


忍者4
大人も楽しめるよ


  
スポンサーサイト



阿賀神社から南下


大池寺   
蓬莱庭園 
大池寺1
サツキの大刈り込み式 枯山水庭園が見事でした




大池寺  滋賀県甲賀市 
大池寺7
行基菩薩がこの地を訪れた際、
  日照りに悩む農民のため、灌漑用水として池を掘り
      その中央に寺を建立したという


蓬莱庭園 
大池寺2
江戸初期寛永年間に小堀遠州の作

二段刈り込みと左右の大刈り込みは
            大洋の大波小波を現し
大池寺5
白砂の水面上に刈り込みを以て宝船を浮べ
 中に七つの石と小さな刈り込みで七宝と七福神を
大池寺9

亀さん
大池寺6

IMG_9185.jpg




大池寺3

大池最後




池の中の沈み鳥居も有名?(映えると)
大池寺8

大池寺の1

思いのほか立派な庭園にびっくり
   機会があれば是非訪れてみてください
伊吹山登山の後 1泊し

2日目 東近江市
太郎坊宮 阿賀神社
阿賀神社1
正式名称は阿賀神社
「太郎坊」とは、阿賀神社を守護する天狗の名前だそうです

山に社殿を建てようとした時に
   山奥から太郎坊天狗が現れて手助けしたか

   ここから登るのが正式?かもしれませんが・・・

山の中腹まで・・・
阿賀神社2
車でも行けちゃいます


本殿には表参道(男坂)の階段259段
阿賀神社5

阿賀神社3
ふぅ~

手水舎
阿賀神社4
今は柄杓も使用禁止


「夫婦岩」
夫婦岩
巨大な岩の回廊があり

ここを通り抜けると
阿賀神社6
「パワーが頂ける」「願い事が叶う」って
    (悪事ある物は岩に挟まれるとか
太郎坊1
無事通れたもんね

舞台からの景色もなかなかです
IMG_9028.jpg

IMG_9147.jpg
青空じゃないのが残念やわ・・・


帰りは裏参道(女坂)で
IMG_9149.jpg

阿賀1
聖徳太子ゆかりの山岳信仰の霊地 
    歴史ある神社のようです


阿賀最後
天空のパワースポットでした





徳島で食べた美味しいもん

1日目の宿 ラフォーレ剣山
~夕食~ 豚しゃぶ鍋
ラフォーレ6

剣山の麓 標高1500mの宿 殆どが登山客かな
ラフォーレ5
山小屋と思えばご馳走
ラフォーレ2
ボリューム満点で美味しかったなぁ


~朝食~
ラフォーレ3
朝からフライにはびっくり
    朝日が差し込んで眩しい~でも登山日和

部屋から見えた剣山
ラフォーレ4
”あそこへ登るんだー”って

ラフォーレ1



2日目宿 鯛丸海月
~夕食~鯛懐石(鳴門懐石)
鯛ごちそう1

鯛ごちそう7

鯛しゃぶ
鯛ごちそう2

鯛陶板焼き
鯛ごちそう3

鯛釜飯
鯛ごちそう4
鯛尽くしのご馳走
さすがに全部は食べられなくて

こうやってブログアップする時にいつも思う・・・
   ”今やったら食べられるー!食べたいなぁ~”って

鳴門大橋を眺めながらの贅沢時間
鯛ごちそう5

鯛ごちそう6


~朝食~
鳴門最後
朝からご馳走・・・我が家の夕食以上やん
     鯛も
鳴門宿1
良い宿でした


あぁ~
 また何処かへ行きたいなぁ
 ~徳島記 お終い~




和と洋の融合、こだわりのショコラを♪【セゾン ド セツコ ショコラの調べ】のモニター様募集☆
鳴門は何度も通っているのに・・・
   ”渦しおクルーズ”は初めてでした

目の前で見る渦潮は迫力満点
うず潮
感動もんでした

鳴門港より出航
なると1


大型観潮船「わんだーなると」
なると2
ちょうど大潮の日~潮見表もチェックして ドキドキ

「鳴門海峡」にかかる「大鳴門橋」を目指して進みます
渦潮6
静かな海面が急変
渦潮1
潮の流れが見える見える
渦潮2
渦潮が出来ては消えて・・・また出来て すぐ消える
渦潮3
シャッターチャンスがこんなに難しいなんて
渦潮4
昔(子供の頃?)、”うず潮”って名前の
     洗濯機のCMがあった事を思い出した

   あれほど大きな渦潮の画像は・・・
           さすがプロや(って今頃思った
渦潮5
約30分の渦潮クルーズ
渦潮最後
見ごたえ充分 大満足でした


ちなみに
鳴門海峡の潮流はもちろん日本一の速さ

世界においても
  イタリアの「メッシーナ海峡」
  カナダの「セイモア海峡」と並ぶ「世界三大潮流」だそうです



【公開冷凍配送テスト】プレミアムアップルパイ

Powered by FC2 Blog